クラシック バレエ スタジオ 吉松布由子
発表会レビュー
    第9回 15周年記念発表会


      2016年4月10日に行いました。
4月10日に、15周年の記念発表会を終えました。子供も大人も、練習を積み重ねてきた成果を発揮し、又、大きく成長してくれたと、嬉しく思っています。 今回の発表会で、5年め、10年め、15年めを迎えた生徒達がいます。続ける事は大変ではありますが、続ける事で見えてくる、かけがえのないものがあります。そして、それは誰のものでもない、本人のお金では買えない財産です。子供達はそれを、自信に変えて、これからに役立てて欲しいです。又、成人の皆さんは職場や家庭とは違う場所で、前に進む喜びや、新しい事を発見する喜びを楽しんでいって欲しいです。一部ではありますが、積み重ねてきた生徒達の言葉をご覧下さい。

〜15年〜
吉松布由子クラシックバレエスタジオ15周年おめでとうございます。15年前の324日、私は ゛生徒第1号″として入会させていただきました。「大人になってから」の趣味として軽い気持ちでしたが、先生は『バレエに向かうのに、プロも、3歳の子供も、初心者も区別は無いんだよ』と、建前ではない本気のご指導をしてくださいました。厳しい事の方が多かったのですが、嬉しかったです。一生懸命取り組むことの楽しさに夢中の日々でしたが、事情により二年で退会し、バレエは観る専門に!!^_^・・・・あっという間10年が過ぎ、仕事の事や親の事、自分の体にも支障が起きたりなどでバレエからすっかり離れておりました頃、スタジオの発表会を観に伺い大感動いたしまして、また、先生にお会いしたくなった次第です。駅からスタジオまでの道順も、レオタードの着方も忘れていたくらいですが、また一から頑張っています。人と競うのではなく自分自身を磨き上げていく素晴らしい芸術を教えてくださいました布由子先生との出会い、スタジオのお仲間との出会い、とても幸せに思います。今日は12年ぶりのトウシューズ、感謝の気持ちとともに輝けたらいいな!!


スタジオ15周年おめでとうございます。この日を迎えるまでには、計り知れない程のご苦労がおありだったのではないかと思います。私自身、こんなにバレエを続けられるとは思ってもいませんでしたが、先生の踊りに憧れ頑張ることができました。そして、先生と同じ舞台で踊れることを本当に嬉しく思います。毎回発表会では、緊張感・恐怖心がありますが、皆で励まし合い目標に向かって努力し、本番を終えた時は普段味わうことのない達成感があります。年々体力が落ちてきていますが、常に新しいことにチャレンジし、これからも精一杯の力で頑張っていきます。スタジオに行けばバレエが大好きな仲間と音楽で癒されます。 これからも沢山の仲間が増えることを願っています。

吉松布由子クラシックバレエスタジオ15周年おめでとうございます。スタジオがオープンした年の6月からバレエを習い始めて、第1回の発表会から参加させて頂きました。又、今回の15周年記念の時に参加させて頂き、感謝と幸せな気持ちでいっぱいです。中々進歩しない私にも先生は辛抱強くご指導くださり、色々な曲を躍らせてくださいました。全て思い出深く、私の宝物となっています。前々回、前回とキャラクター物を躍らせて頂き、ゲストの先生達にも助けて頂き、全く別の世界を体験させて頂き、違った舞台の楽しさを知りました。歳は毎年増えますが、“歳”に沿ったバレエとの関わりを持ち、バレエを続けていこうと思っています。布由子先生を始め、皆様に感謝を込めてお礼を申し上げます。これからも宜しくお願い致します。


〜10年〜
スタジオ15周年おめでとうございます。この記念すべき発表会に参加できることを、とても嬉しく光栄に思います。パの名前どころかポジションすら知らなかった私が、まさか10年後にグラン・パ・ド・ドゥに挑戦させて頂けるなんて、今でも信じられない思いです。これも偏に、レベルに合わせ段階を組み、少しずつハードルを上げてくださった先生の巧みなご指導によるものと感謝申し上げます。また、レッスンで頻繁に会っているにも関わらず、スタジオの外でも集まり笑いあえる仲間は、今や私の一番の理解者、支えです。いつもありがとう。そして、毎回快くレッスンに送り出してくれる職場の上司、同僚にも感謝を。色々な方々に支えられ、10年続けて来られました。健康のために始めたバレエが今では人生の宝になりました。この宝の輝きがより一層増していくよう、これからもレッスンに励み、磨き続けていきたいと思います。

布由子先生、スタジオ15周年おめでとうございます。私が布由子先生にバレエを習い始めて、もう10年が経ってしまいました。10年間のバレエを通して、諦めないで頑張る事の大切さを教えてもらったり、すぐへこむ私を毎回呆れずに励ましてくれたり、アドバイスをくれる大切な友達に出会えたり、社会人として未熟だった私もバレエと一緒に少しずつ成長できたような気がします。今回も絶対に無理と思っていた演目にチャレンジする機会を与えていただき、また、スタジオ15周年という記念の時に尊敬する先生方と一緒に舞台に立てる事をとても嬉しく思います。本番では、今まで習ってきた事を発揮できる様にがんばりたいと思います。そして、これからも大好きなバレエを続けていきたいと思っています。


〜5年〜
スタジオ15周年おめでとうございます。幼い頃からバレエに憧れ、大人になってから念願のバレエを習い始めました。最初の頃は、レッスンに行くたび預けていく娘に泣かれ、とても辛く、一時は通うのをためらう時もありました。しかし、そんな娘も今はバレエ教室に通い、娘が自分を超えていく少しの悔しさと大きな喜びを抱きつつ、二人でバレエの話をよくしています。先生のご指導は、必要以上に無理をせず、身体に負担をかけないように配慮して下さり、安心して様々な動きにチャレンジ出来ます。何歳になっても、褒めて頂いたり、難しい動きが出来るようになると嬉しいものです。又、先生が少し身体をサポートして下さるだけで、力が抜けたり背筋が伸びるような気がして不思議です。クラスの中も雰囲気良く、長く習っている方々に教えて頂いたりして、心も身体もリフレッシュしています。これからの私の目標は、娘と同じくトウシューズが履けるように頑張ります。

この度は、15周年の記念の発表会に参加させていただき、ありがとうございます。先生から「7年目の作文を」と言われ、お教室に通いはじめてから、いつの間にそんなに年月が経っていたのかと驚きました。実は、私がバレエを始めたのは、貧血対策として足の筋肉を鍛えると良いとお医者さんに言われたこと、そして、職場の健康診断にメタボリックの計測が導入されたことがきっかけでした。運動をするなら、美しい音楽を聞きながら体を動かしたいなあ・・・と始めたわけですが、レッスンを始めて1年目の健診で、腹囲が3センチも減り、測定をした看護師さんに「何かあったんですか!」と言われました。そして、私にとって、1週間に1度のレッスンの時間は心も体もリラックスできるとてもかけがえのないものとなっていきました。これからも、10年、20年と続けていけると本当に嬉しく思います。最後に、未熟な私にいつも根気よく丁寧なご指導をしてくださる先生、そして温かく見守ってくださる教室の皆さんに心からの感謝を申し上げます。どうぞこれからも、よろしくお願いいたします。

私は3才からバレエをはじめました。最初はお母さんと離れるのが嫌で泣いているばかりでした。バレエに慣れてきてからは楽しくなってきました。一番うれしい時は、新しい事を教えてもらった時です。もっと上手になれるからです。先生にほめられた時もうれしいです。がんばってよかったなぁと思います。むずかしい事は、回る事です。一生懸命に練習しています。これからは、おねえさんみたいにトウシューズをはきたいです。レッスンの時はあいさつが大事という事も覚えました。あいさつすると、とっても気持ちがいいからです。

私は3才からバレエをはじめました。最初はお母さんと離れられなくて、よく泣いていました。先生にもお友だちにも、よく迷惑をかけていました。でも、段々慣れてきて泣かなくなりました。バレエでは色んな事がありました。先生に注意されただけでバレエに行きたくなくて、お母さんを困らせたりしていました。小さい時は先生になるべく注意されないようにバレエをがんばっていたけれど、今は違います。段々踊りも覚えられるようになって、やる気が出てきてバレエが楽しくなってきました。もっと上手に踊れるようにたくさん練習して大好きなバレエを続けていきたいです。発表会も少しずつ役が増えてきてうれしいです。家族のみんなも、舞台でいっぱい踊っている私を見て、とても喜んでくれるのでがんばります。先生、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
(C) Fuyuko Yoshimatsu Classic Ballet Studio. All right reserved.